わたしの大好きなミスチルを紹介します

ファン歴10年超のミスチルファンのレビューブログです

ミスチル嫌いこそ「深海」を聴いて欲しい

ミスチルが好きという人は多いと思います。

でもその反面、ミスチルが嫌い、ミスチルアンチという人も少なからずいるのではないでしょうか。

 

ミスチルの何が嫌いなのか

おそらく、ミスチルが嫌いな人は下記の理由ではないかと思うのです。

 

・バラードばかりで嫌い

・歌詞が嫌い

・ロックじゃないから←主に音楽ファン、ロックファンに多い理由

 

ミスチルが嫌いという人の気持ちを、何となくわたしもわかる気がします。

というのも、わたしも定番のミスチルばかりを好んでいるわけではないからです。

もちろん、みんなが好きな王道の曲も好きですが、

個人的には「ミスチルってそれだけじゃないんだよな」と思っています。

 

アルバム「深海」について

1.Dive

2.シーラカンス

3.手紙

4.ありふれたLove Story~男女問題はいつも面倒だ~

5.Mirror

6.Making Songs

7.名もなき詩

8.So Let's Get Truth

9.臨時ニュース

10.マシンガンをぶっ放せ

11.ゆりかごのある丘から

12.虜

13.花-Memento Mori-

14.深海

(アルバム「深海」より」)

 

これはアルバムの収録曲一覧ですが、王道的な曲は「名もなき詩」だけです。

あとは曲の知名度も低いですし、何より暗い。

一般的なミスチルのイメージとはかけ離れた楽曲たちだと思います。

バラードというよりも、尖ったかっこいいロックサウンドが特徴です。

ミスチルにはこういうアルバムもあります。

 

なぜミスチルはバラードのイメージが強いのか

そもそもミスチルはバラードばかりというわけではありません。

ポップな曲もありますし、ロックな曲もあります。

単純にバラードが売れやすい、知名度が高いというだけなんです。

ミスチルのバラードはドラマとの相性が良いし、視聴率がとれることも多い。

 

暗い曲ってメディアには向いてないですよね。

だから埋もれていってしまっているんだと思います。

 

「売れてない=悪い曲」ではないのはみなさんご存じだと思います。

いくら良い曲でも、タイアップが悪かったり、視聴者が求めているものと異なれば売れません。

特にもミスチルは顕著にバラードを求められていますし、需要が高い。

 

桜井さんはそのことを十分にわかっているのだと思います。

だから、ここぞというときには得意なバラードを使い、

タイアップの弱い曲やアルバム曲ではマニアックな曲を使うという手法を行っているんだと思います。

 

好き勝手に自分の音楽をやっているだけでは、ミュージシャンとして食べていけないですよね。

戦略も必要だし、需要にも応えていかなければならない。

それはプロとして活動していく上で必要不可欠なことだと思います。

 

深海が生まれた理由

深海が生まれたのは桜井さんの幅広い音楽性という理由だけではありません。

そのときの桜井さんの状況が関係しているようです。

深海を制作していた頃、桜井さんの精神状態はあまり良くありませんでした。

スキャンダルであったり、音楽活動、メディアへのストレスであったり、

色んな問題を抱えていたんだと思います。

それが上手く反映されたのがこの深海というアルバムです。

 

桜井さんの葛藤や苦しい気持ち、生死をさまようような悲痛さが込められています。

だからこそ、多くの悩んでいる人、苦しんでいる人の共感を呼び、心を打つのかもしれません。

 

 

深海でオススメしたい曲

全体的に社会風刺の曲が多く、刺激的です。

特に「マシンガンをぶっ放せ」はかなり踏み込んだ作品ではないでしょうか。

 

 見えない敵にマシンガンをぶっ放せ Sister and Brother

正義も悪もない この時代を行進していく兵士です

殺人鬼も聖者も凡人も共存していくしかないんですね

触らなくたって神は祟っちゃう

救いの唄は聞こえちゃこないさ

 

見えない敵にマシンガンをぶっ放せ Sister and Brother

天に唾を吐きかけるような行き場のない怒りです

宗教も化学もUFOも信じれるから悲惨で

絡まりあって本心偽って

めくるめくのevery day

僕は昇り また落ちてゆく

何だってまかり通る世界へ Oh...

 

攻撃的で皮肉った歌詞ですが、ガツンと響くものがあります。

「天に唾を吐きかけるような行き場のない怒り」の言い回しが特に好きです。

 

複雑な愛情を歌った「虜」の歌詞もとても魅力的です。

 

金曜日に奴に会ってきたろう?

簡単に別れ切り出せたの?

どうだったんだ 把握していたい

最低な君を

 

狂った様に抱きしめ合った後で

胸の奥が軋むよ

めちゃくちゃに傷つけてみたい気分

無謀なのは承知だぜ だけど傍にいたい

愛を信じたい

 

こういう繊細で歪んだ恋愛の歌詞を書かせると、桜井さんの右に出るものはいないんじゃないかなと思います。

あと、虜は珍しく後半部分に女性のコーラスが入ります。

前半のロックな曲調に、女性の力強く美しいコーラスが入ることで、よりクラシックで深みのある曲に仕上がっている気がします。

 

そして、絶望を歌った「深海」の歌詞

 

失くす物など何もない

とは言え我が身は可愛くて

空虚な樹海を彷徨うから

今じゃ死にゆくことにさえ憧れるのさ

 

連れてってくれないか

連れ戻してくれないか

僕を 僕も

 

連れてってくれないか

連れ戻してくれないか

僕を 僕も 僕も

 

 深海は特殊なアルバム

 深海は、従来のミスチルとは一味違う作品です。

ミスチルが苦手だったという方は是非聴いてみてはいかがでしょうか。

イメージが変わるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

youthful daysを生み出した「アンティーク」の偉大さ

youthful days   Mr.Children

 

 

 

 

2001年に放送された「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」というドラマをご存じでしょうか。

 

アンティーク ?西洋骨董洋菓子店? DVD-BOX

アンティーク ?西洋骨董洋菓子店? DVD-BOX

 

 

 

出演者は、滝沢秀明さん(タッキー)、藤木直人さん、椎名桔平さん、阿部寛さんという豪華なメンバー。

タイプの異なる4人ですが、縁あって「アンティーク」というケーキ屋で働くことになります。

 

原作は「大奥」で有名なよしながふみさん。

 

西洋骨董洋菓子店 1

西洋骨董洋菓子店 1

 

 

わたしはこのドラマの主題歌「youthful days」がきっかけでミスチルのファンになりました。

 

 

主題歌「youthful days」の曲調

youthful daysといえば、まず、爽やかで疾走感のあるアップテンポです。

耳触りの良い、楽しい気持ちにさせてくれます。

 

その次に挙げられるのは、特徴的なサビのメロディではないでしょうか。

サビのアップダウンは、次にこの音が来るのではないかという予想を裏切るんですよね。

でも、インパクトに残るんです。

 

単調でわかりやすい曲は覚えやすいですが、飽きやすい。

youthful daysは真逆だなと思うんです。

聴けば聴くほどクセになるし、好きになる。

 

素直でまっすぐな歌詞

youthful daysの歌詞はまるで青春映画のようです。

 

にわか雨が通り過ぎてった午後に

水溜まりは空を映し出している

二つの車輪で 僕らそれに飛び込んだ

羽のように広がって 水しぶきがあがって

君は笑う 悪戯に ニヤニヤと

僕も笑う 声を上げ ゲラゲラと

 

 2人の姿が浮かんでくるような、可愛らしくて初々しい描写ですよね。

 

胸の鐘の音を鳴らしてよ

壊れるほどの抱擁とキスで

あらわに心をさらしてよ

ずっと2人でいられたらいい

 

ダイレクトな恋愛表現です。

理屈のいらない、素直な感情の訴えが非常に良い。

 

ミスチルって、複雑な心情を歌っていることが多いんですよね。

どうしようもない虚しさを悟っていたり、表向きと実際の感情で揺れていたり。

でも、この曲に関してはそういうのが一切なくて、ただただ純粋で真っ直ぐなんです。

だから淡い青春を感じさせてくれるんですよね。

 

「星になれたら」「君が好き」…色んなミスチルを味わえる

アンティークの主題歌はyouthful daysなんですが、エンディング、挿入歌など、

色んな場面でミスチルの楽曲が使われています。

今まで発売した数々の名曲が流れるので、ミスチルに興味がある方は楽しめるのではないでしょうか。

 

特にわたしはエンディングの「星になれたら」や「君が好き」、「優しい歌」の使い方が好きでした。

内容に合わせて曲を選んでいる気がします。

あと、「マシンガンをぶっ放せ」とか、「旅人」とか、マニアックな曲をエンディングで使ってくれたのもファンとしてはたまらなかったです。

 

ミスチルってこんな良い曲があったんだと思わせてくれたドラマ

アンティークはミスチルの良さを気付かせてくれるドラマでした。

あれからもう17年ほど経ちますが、色褪せない存在です。

また再放送してくれないかなぁ。

 

 


Mr.Children「youthful days」 TOUR POPSAURUS 2012 Live

 

 

 

 

 

 

 

 

here comes my loveの持つ2面性について

here comes my love     Mr.Children

 

 

先日、こんなニュースを見つけたんです。

 

e-talentbank.co.jp

 

ミスチルの新曲、here comes my loveのMV(Music Videoの略)が急上昇ランク1位になったそうで。

わたしもすぐに見たんですけど、とても意味深なMVだったんです。

 

 


Mr.Children 「here comes my love」Music Short Film

 

登場人物、内容とは

 

このMVには主に5人の男女が登場します。

 

・小学生くらいの男の子

・青年

・白髪のおじいさん

 

・小学生くらいの女の子

・女性

 

それぞれ別々の役者さんが演じられているのですが、

MVを通して見てみると、小学生の男の子→青年→おじいさんと、同一人物の成長していく過程が描かれているのがわかります。

同じように考えると、小学生の女の子→女性に成長していますよね。

 

でも女性がおばあさんになった姿は出てきません。

三者に引き裂かれてバラバラになってしまったんです。

 おじいさんは1人でずっと女性のことを想っている。

そんな孤独な姿でMVは終わっています。

 

公式HPではシナリオを読むことが出来るようです。

 

www.toysfactory.co.jp

 

2人の生い立ちも描かれていて、しっかりしたシナリオですよねー。

まるで短編映画のようだなと思ってしまいました。

 

MVとドラマ、2つの舞台

here comes my loveにはドラマ「隣の家族は青く見える」のタイアップがついています。

このドラマは不妊治療に奮闘する夫婦の物語で、

MVの世界観とは全く違うのですが、

here comes my loveの歌詞はこのどちらにも当てはまるのではないかと思いました。

 

夢見た未来を波がさらっていっても

この海原を僕は泳いで行こう

here comes my love

here comes my love

に辿り着けるように

 

あって当然と思ってたことも

実は奇跡で

数えきれない偶然が重なって

今のと僕がいる

 

この「」という部分なんですが、

ドラマの場合は「子供」を表しているように思うんです。

子供に出逢うために夫婦で頑張っていこう、と。

対してMVの場合は「女性」を表しているように思うんです。

1人寂しく女性を想う男性の気持ちが、いつか女性に届くように、と。

 

これはわたしの勝手な解釈ですし、桜井さんの真意はわからないのですが…

でもいつも深い歌詞を書いている桜井さんのことだから、

この歌詞にもきっと多くの意味が含まれているんだろうなと思います。

 

here comes my loveは奥が深い

MVとドラマ、2面性を持つこの曲。

歌詞も興味深いですが、曲も強弱があってダイナミックで魅力的。

また間奏のギターソロもかっこいい!

 

次回のアルバムにはhimawariと一緒に収録されるんでしょうね。

発売が待ち遠しいです。

 

 

 

 

HANABIはなぜこんなにも多くの人々に受け入れられたのか

HANABI    Mr.Children

 

 

 

HANABIといえば近年のミスチルの代表作ですが、

リリースは2008年なんですよね。

当時のオリコン年間シングルランキングでは6位を記録しました。

それから9年後、まさかまたHANABIがヒットすることになろうとは…

 

なぜHANABIはここまでヒットしたのか。

その理由を考えてみました。

 

ドラマにリンクするHANABIの歌詞

HANABIという曲は「コード・ブルー」というドラマのために制作されました。

そのため、歌詞がドラマの内容にとてもリンクしているのです。

 

一体どんな理想を描いたらいい?

どんな希望を抱き進んだらいい?

答えようもないその問いかけは

日常に葬られてく

 

決して捕まえることの出来ない

花火のような光だとしたって

もう一回もう一回

もう一回もう一回

僕はこの手を伸ばしたい

誰も皆 悲しみを抱いてる

だけど素敵な明日を願っている

臆病風に吹かれて 波風がたった世界を

どれだけ愛することができるだろう?

 

HANABIではこのように上手くいかない現実に葛藤しながらも前へと進んでいく主人公の姿が描かれているのですが、

ドラマでも研修医たち(後に医師になりますが)が日々、重篤な患者たちに向かい、もがき苦しみながら成長していく姿が描かれています。

 

共通するコード・ブルーHANABIの世界観が、より多くの視聴者に受け入れられたのではないでしょうか。

 

切ないメロディラインとキャッチーなサビ

HANABIのメロディラインはとても切なく、悲しい。

しかし、サビはキャッチーなんですよね。

「もう1回」「もう1回」というフレーズも頭に残りやすい。

 

ただ悲観的なのではなく、ポジティブであったり前向きであったり、

プラスの要素が取り入れられている。

だから、HANABIは何度も聴きたい曲なのかもしれません。

 


Mr.Children「HANABI」 Tour2015 REFLECTION Live

 

HANABIの歴史

コード・ブルーは人気ドラマであり、これまで3期放送されているのですが、

そのエンディングは全てHANABIです。

 

2008年7月 コード・ブルー放送開始

2008年9月 HANABI シングルCD発売

2008年12月 SUPERMARKET FANTASY 発売(HANABI収録)

2010年1月 コード・ブルー 2nd season放送開始

2017年7月 コード・ブルー 3rd season放送開始

2017年5月 Mr.Children2003-2015 Thanksgiving25 発売(配信限定ベストアルバム。HANABI収録)

2018年7月 映画コード・ブルー 放映予定

 

こうして見て見ると定期的なコード・ブルーの放送は、HANABIの宣伝にとても効果的だったといえます。

また、CD、配信と様々な形態で展開することで、幅広いファン層を獲得することに繋がったのではないでしょうか。

それにしても、なぜこれほどまで長期に渡ってHANABIは使用され続けたのでしょうか。

増本淳プロデューサーは以下のように語っています。

 

「『HANABI』という曲は言うなれば6人目の登場人物というか、あの5人の若者と一緒にファーストシーズン、セカンドシーズンと歩んできた、もはや『コード・ブルー』に欠かすことのできない登場人物の一人と言えます」

(引用:『コード・ブルー』主題歌は引き続きミスチル「HANABI」"6人目の登場人物" | マイナビニュース)

 

 

ここまで言ってもらえると、嬉しいですね。

コード・ブルーにとってHANABIがいかに大切な存在であるかということがよくわかりますよね。

 

 HANABIには受け入れられる理由があった

HANABIは楽曲の魅力、そして効果的な宣伝が結びついてこのようなヒットを生んだといえるのではないでしょうか。

今後は映画の公開がありますし、2018年もHANABIは続いていきます。

2008年から2018年…長い!凄すぎます(笑)

わたしもいちファンとしてHANABIがどこまで突っ走ってくれるのか、とても楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

himawariはミスチルファンを呼び戻す曲

himawari       Mr.Children

 

 

 

 

実はわたし、ミスチルへの気持ちが冷めていました。

さすがに10年以上もミスチルファンをやっていると「四六時中あなたに夢中なの!大好きなの!」というわけではないんですよね(笑)

いや勿論ミスチルは好きですけど、熱は落ち着いてくるんです。

10年ってカップルや夫婦ならもう倦怠期を迎えてもおかしくないですからね。

 

ただ、わたしは10年という年月以外にも、

気持ちが冷めてしまった明確な理由があったんです。

 

なぜミスチルから心が離れてしまったのか

 

わたしは単純にヒカリノアトリエが好みではありませんでした。

いや、ヒカリノアトリエが悪い曲ってわけではないんですよ。

ただ、わたしの求めているミスチルではなかった。

 

 

ミスチルといえばポップソングのイメージが強い。

でも、ロックで尖った曲もある。

そういう「かっこいいミスチル」をもっと見たいという、

わたしの中で漠然とした願望がありました。

 

 

「深海」を期待してしまうファン心

 

インタビューとか見ていると、深海は桜井さんにとっては黒歴史なのかもしれないなと思います。

死ぬほど辛かった時期でしょうし…

でも、わたしは深海が大好きです。

今までのミスチルの世界観をぶっ壊した問題作であると同時に、

唯一無二の名盤だと思ってます。

 

だからこそまた深海を見たくて、

「暗くてかっこいいミスチルを求めてしまうんです。

 

深海ではないけれど・・・暗くてかっこいいミスチル

 

himawariは深海とは違うと思います。

でもとても暗い。

かっこいいバンドサウンドです。

思い描いていた「暗くてかっこいいミスチルでした。

 

 

 


Mr.Children「himawari (Live ver.)」 MUSIC VIDEO (Short ver.)

 

 

 

 とにかくギターがかっこいいですね。

このMVの出だしのギターも良いんですけど、

イントロで静かに鳴らしているのも良いんですよ。

 

そして、桜井さんの強く逞しい歌声。

痺れます。

 

 

諦めること

妥協すること

誰かに合わせて生きること

考えている風でいて

実はそんなに深く考えていやしないこと

思いを飲み込む美学と

自分を言いくるめて

実際は面倒臭いことから逃げるようにして

邪(よこしま)にただ生きてる

 

ここが本当に好きです。

 

全体的に切ない歌詞なのですが、

この部分は主人公の心情の核心に迫っていると思います。

メロディの盛り上がりど真ん中なので、

より伝えたいというメッセージ性を感じます。

 

himawariにありがとうと言いたい

 

himawariはミスチルへの気持ちを呼び戻してくれました。

とにかく、かっこよかった。

 

最近のミスチルはちょっとイマイチだなという方、

ミスチル聴いてないなーという方にもおすすめできる1曲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介

初めまして。

「まりとん」といいます。

このブログは、「ファン歴10年超のMr.Childrenファンがミスチルの曲を紹介するブログ」です。

簡単に自己紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

<名前> まりとん

 

<年齢> 20代(もうすぐ30歳)

 

<職業> 主婦

 

<特に好きな曲> youthful days箒星、口笛、つよがり、深海、マシンガンをぶっ放せ

 

<特に好きなアルバム> Q、深海

------------------------------------------------------------------------------------------------

有名な曲も勿論好きなのですが、

どちらかというと、マニアックな曲の方がより好きです。

ミスチルはやっぱり〇〇(超絶有名曲)だよね!」と言われると、「え?」ってなります。

ミスチルは名曲が沢山あると思ってます。

 

ミスチルを好きになったきっかけは、

高校の時に再放送でやっていたドラマ「アンティーク」のエンディング、youthful daysです。

爽やかで疾走感のあるメロディライン、衝撃的でした。

「この歌手は誰だろう?」とエンディングを確認すると、ミスチルでした。

有名な歌手だったのでびっくりしました(笑)

それから狂ったように昔のミスチル曲を遡って聴き始め、ライブの追っかけをして今に至ります。

 

まだまだ未熟なファンですが、

自分なりに感じたことを文章に残していこうと思います。

色んな人にミスチルを聴いてもらえればとても嬉しいです。

宜しくお願いします。